法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

結末は…

こんにちは。劇団アインザッツ主宰(だった)山根です。

 

公演日程の変更などもあった中、

お客様に足を運んでいただけたこと大変感謝しております。

 

千秋楽から少し日が空いてしまい申し訳ありません。

夏公演最後のご挨拶をさせていただきたいと思います。

少し長いですがお付き合いくださいませ。

 

 

今回の公演は、カラマーゾフの兄弟をベースに私なりにいろいろ考えてることを詰め込んで形になりました。

 

 

原作は、農奴解放期のロシアで新聞連載されていたもので、宗教観や身分的な格差が当たり前に存在し、名前も父称があったりあだ名があったりで複雑で今の日本人には分かりづらいと言えると思います。

 

 

しかも作者は敬虔な信徒なのに神の存在を否定する登場人物がでてきたり、好色で衝動的な登場人物の名前が作者と一緒だったり…

 

 

様々な書評も読みましたが、読めば読むほどなんでこんな作品を書いたのだろうと思いました。

 

挙句、絶筆ですし…ここで死なないでよ!!って思いました。(理不尽)

 

正直私は登場人物達の行動や何を考えているのかといった点は完全には理解できた気がしていません。

 

でも、この登場人物たちが実在の人物だったとしたらそれは当たり前のように感じます。

 

他人のことは自分には分からず、自分のことは他人には分からない。

 

もっと言えば、自分のことさえ自分には分からないことがある。

 

人間関係を持てばお互いを傷つけることもあるし、血が繋がってようが反りが合わないなんてこといくらでもあると思います。

 

なんかうまくいかなくて後悔しても譲れないものがお互いにあって

 

もがいてももがいてもどこかに苦しさが残り、それでも今この時を最善の選択をしながら生きていると信じている

 

そういうものなんじゃないか?と思ってあのような登場人物たちになりました。

 

ドミトリー、イワン、アレクセイ、フョードル、グルーシェニカ、カテリーナ、スメルジャコフ、グレゴリー、影、裁判官

 

どの登場人物にももう会えないのかと思うと少し寂しいですね

 

少し感傷的になってしまいます

 

さて、私には本来の原作の結末は続く予定だったからか意味深なようであり、すこしさらりとしすぎているような気もします。

 

 

続くということは未来があって、その未来が読めないのは現実も一緒で

何かを選び何かを捨ててその先に進んでいくしかない。

 

 

でも今は

劇団アインザッツ「黒い尾まがり猫のレゾナンス」ここまでで終演です。

 

 

カラマーゾフの兄弟“ではなく”黒い尾まがり猫のレゾナンス“は皆様にとってどんな結末を迎えましたでしょうか

 

 

少なくとも私にはハッピーエンドでした!

f:id:tamageki:20180710193634j:plain

改めてのご案内

いつも多摩演劇研究会ブログをご覧いただきありがとうございます。


多摩演劇研究会夏公演 劇団アインザッツ

「黒い尾まがり猫のレゾナンス」

についてのご案内です。


本日行う予定だった公演について、役者の体調不良により休演させていただきます。


残りの日程に関しましては、予定通り行わせていただきます。


直前のお知らせとなってしまい大変申し訳ございません。


良ければ、お誘い合わせの上金曜日、土曜日の公演をお楽しみいただけると幸いです。


劇団アインザッツ主宰 山根

ご案内

いつも、多摩演劇研究会ブログをご覧いただきまことにありがとうございます。


多摩演劇研究会 夏公演 劇団アインザッツ

「黒い尾まがり猫のレゾナンス」についてのご案内です。


今回なぜ先ほど役者紹介を投稿したにもかかわらずブログを更新させていただいているかと申しますと、諸般の事情により公演初日に休演することになってしまったためです。


直前の急な変更になってしまい本当に申し訳ございません。


今後もどうぞ、多摩演劇研究会をお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。


劇団アインザッツ主宰 山根

2018夏 役者紹介③ 男性キャスト編

f:id:tamageki:20180704012613j:plain

明日からいよいよ本番ですね


とても楽しかった個性のぶつかり合う稽古場が終わってしまったことが寂しくもありますが、名残惜しいと思えるのはその一瞬その一瞬を大切にできたからだと信じ新しい始まりに期待を寄せて、役者紹介残りの5人もよろしくお願いいたします。


まずは、男性キャスト唯一の1年生!

f:id:tamageki:20180704012718j:plain

センターで筋トレに限界を感じ頭を抱える彼こそ、今回の唯一の1年生長谷川くんです。


地方出身者特有の悩みである訛りが自覚できず直しづらい点も、しっかり頑張ってくれました


(私も訛りで困ってた時期あったな懐かしい…と思う時点でもうサークルの若手側じゃなくなってますね笑)


役に乗りきってくれる彼は演技が楽しそうで、見ててとてもそれが伝わってきます。


彼の全力の演技をお楽しみに!


次は、多摩劇きっての自撮りの名手であるこの方!

f:id:tamageki:20180704013700j:plain

いつもと打って変わって可愛い感じで攻めてきてくださいました4年の高木さんです!


最初4年生さんはどなたも参加してくださらないだろうと思って、後輩の面倒を見れるか不安に思っている中白馬の王子さまのようにオーディションに現れ役を勝ちとっていかれました。


本番の高木さんは、可愛いのかかっこいいのかはたまた違う顔が見れるのか…お楽しみに!


お次は一年ぶりの役者を務めてくれる2年の川上くんです!

f:id:tamageki:20180704040921j:plain

彼の印象は台本をすごく面白そうに読んでくれたことでしょうか。


オーディションをするまでは他の役かもと思っていたのですが、見事また一年前とは違った演技を見せ今回の役になりました。


練りに練られた彼をお楽しみに!


はえっと2年の…えー…あー…ご覧ください!

f:id:tamageki:20180704041315j:plain





誰って?ごもっともです。

糸魚川くんです。

本人の中でピンときたらしいのでこの写真採用です。

うん。私の忘れてしまったチャレンジャー精神が彼にはある。確かにそこにあります。ご覧の通り。


そんな彼がどんな役かはお楽しみに!


ラスト!割と見慣れてらっしゃるかもしれないこの人!


f:id:tamageki:20180704042051j:plain

後輩とお芝居する後輩の姿は先輩心をくすぐります(何言ってんだこの人)


台本覚えも早いし、キャラを掴もうと影で努力して稽古場に現れる彼はとても頼り甲斐のある人です。


元橋くんのかっこいい演技をお楽しみに!


では、(やっとこれで)役者紹介を終わります。お付き合いいただきありがとうございました!ご来場お待ちしております。


多摩演劇研究会夏公演

 劇団アインザッツ

黒い尾まがり猫の

       レゾナンス

         ー原作カラマーゾフの兄弟

 

公演日 キャスト予定 開場、開演時間

 7/4  A    開場 17:15 開演 17:45
 7/6  B   開場 17:15 開演 17:45
 7/7  A    開場 15:00 開演 15:30

 

法政大学多摩キャンパス EGGドーム5Fホール

上演時間は約90分です。


2018夏 役者紹介② 女性キャスト編

本番直前です!

f:id:tamageki:20180630022642j:plain


役者紹介続きやっていきましょう

今回は、ダブルキャストの人以外の女性チーム!

 

f:id:tamageki:20180630002027j:plain

まずはこの方2年の阪田さん

 

新歓もでてた可愛らしいこの人は、稽古期間中にいろいろ悩んでくれました。

役が掴むのに本人なりのルートがあるんだと思います。掴んでからは日々うまく表現してくれています。

 

毎回違ったキャラを演じきってくれる彼女の演技をお楽しみに!

 

f:id:tamageki:20180630002115j:plain

2年小林さん

 

この人も新歓から連続で出てくれてるお方ですね。

演技力に満足せず貪欲に役を追求するとても心強い人です。

様々なことを考えて表現するその姿勢を尊敬しています。

 

こんな美人さんが舞台でどう化けるのか…お楽しみに!

 

f:id:tamageki:20180630002100j:plain

2年石森さん

 

特に盛れた写真らしいんですが、割といつも見かけるかわいらしさなので常日頃からこの人は盛れてるのかもしれません。

 

稽古場で会うたび引き出しの増える彼女の今の演技が見れるのは、きっと今の多摩劇だけです!

 

しなやかな動きから情緒たっぷりに繰り出される演技をお楽しみに!

 

以下宣伝

多摩演劇研究会夏公演

 劇団アインザッツ

黒い尾まがり猫の

       レゾナンス

         ー原作カラマーゾフの兄弟

 

公演日 キャスト予定 開場、開演時間

 7/4  A    開場 17:15 開演 17:45
 7/6  B   開場 17:15 開演 17:45
 7/7  A    開場 15:00 開演 15:30

 

法政大学多摩キャンパス EGGドーム5Fホール

上演時間は約90分です。

2018夏 役者紹介① ダブルキャスト編

 

f:id:tamageki:20180630022642j:plain

(まず後輩が作ってくれた劇団名ロゴを自慢させてください…)

膝が痛くて老いを感じる主宰の山根です。

 

本番が近づいてきたので役者紹介です!

今回はキャストさんが多いので複数回ありますがご容赦ください。

役柄は…公演を見てご確認いただけると幸いです

 

まずはダブルキャスト勢!二組紹介させていただきます!

 

f:id:tamageki:20180630002129j:plain

 

新多摩劇員(24期…だったはず)宮本さん<左>と同期、野沢さん<右>です。

1年と3年コンビとなりました

同じ役でも、まったく違う演技を見せてくれます。

 

宮本さんの涼やかな瞳から大人っぽさを醸しだしたかと思いきや無邪気な反応を返してくれるギャップに私は何度撃ち抜かれそうになったことか…

素直に見せてくれる彼女の演技は見ていてとても気持ちがいいです。

大学初舞台をお楽しみに!

 

野沢さんとは、長い道のりを共に歩みました(ただの下校)

無茶苦茶な比喩を使う私の発言(例:今回の通しはビー玉口に入れたみたい)にも耳を傾け、理解してくれようとしてくれる彼女の台本の読み込みはとても脚本を書いた身としては嬉しいものでした。

新歓公演とはまた違った彼女をお楽しみに

 

f:id:tamageki:20180630002050j:plain

2年の木村さんと

f:id:tamageki:20180630005350j:plain

3年武田君です。

 

性別の違う同じ役を演じてくれます。セリフも違う部分がありますのでお見逃しなく!

 

木村さんは1年間裏方で力を発揮してくれていましたが、去年の夏公演ぶりに役者をやってくれます。

1年前とは全然違う役をお願いしましたが、いろいろ考え提案してくれる彼女の姿勢によって今回の”キャラ“が私の予想範囲から飛び立ち”役“になりました。

魅力ある女性をちがった切り口で表現してくれた彼女をお楽しみに

 

武田君は学年も学年ですし同期の中でもトップクラスに忙しそうなので参加してくれないだろうと思っていたのですが、私が脚本を書いて自信なさげにしていた時に声をかけてくれました。

力のある人たちの中で3年が先輩として今回の稽古場に居られたのは彼の表現力や変なためらいがないところがあったおかげだと思います。

爽やかで心地よい演技で役をいきづかせてくれる彼をお楽しみに!

 

(やばい…あと8人もいる…)

 

多摩演劇研究会 夏公演

 

劇団 アインザッツ

 

    黒い尾曲がり猫のレゾナンス

 

7/4,6 開場 17:15 開演 17:45

7/7 開場 15:00 開演 15:30

 

※一部ダブルキャストとなっております

役者として出来ること

どーもみなさん、役者を担当している元橋です!!ただいまポーランド戦を観ながらブログを書いてます。


稽古も気づいたら大詰めで残り1週間切っていました。もう多摩キャンパス又の名をマチュピチュではセミが鳴き始め、電灯にクワガタが突っ込んでくる季節になりました。


稽古での過ごし方はダメ出しを毎日受けてそれを改善しながらその日その日のベストを尽くして来たと役者主演は自負しております。


そしてセリフと感情が上手く入れられると稽古が楽しくて楽しくて

しゃあならなくなります。もう自分にドミトリーを憑依させるだけで勝手に物語の世界に一人歩きしていくんです!!

役者一同この日の為に精進して来たので是非観てください。


多摩演劇研究会 夏公演
劇団アインザッツ
『黒い尾まがり猫のレゾナンス』

7/4 開場 17:15 開演 17:45
7/6 開場 17:15 開演 17:45
7/7 開場 15:00 開演 15:30
法政大学多摩キャンパス
eggドーム五階ホール