法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

千田先輩の演技講座に始まる教えの数々

一年糸魚川です。
突然ですが先輩って偉大ですね、高校時代はうちの代で演劇部ができたもんだから先輩いなかったんですよ。いろいろ学べて最近めっっちゃ楽しいです。

そんな学んだ内容を読者の皆様にもいくつか紹介させていただきます


『劇場の大きさによって異なる演技のタイプがある』千田先輩からの教えです。
私の演技は大舞台映えする(へへへ褒められた嬉しいな)けれど観客との距離が近いと演技しているのが見えて引かせてしまうのだそうです。解決策を尾n……ユキ先輩に聞いたら『演技をしない』だそうです。これが難しい!舞台に立ったら「演じたい!動きを大仰にしたい!!観客の注目を集めたああい!!」と自己顕示欲MAXになる私にとってはもう拷問ですよ拷問。でも千田先輩に「それもできればいい役者になれる」って言われたので頑張ってみようかなぁ💕褒められるとなつく「ちょろい川」です

②『けつの穴を開け』小笠原先輩からの教えです。昨日のブログで先輩が歩き方について言及していましたが、私も同じ壁にぶち当たっておりまして、歩き方を変えようとするとどうしても不自然になってしまうんですよ。そこで先輩のこの言葉ですよ!この言葉通りやったら簡単に新しい歩き方を習得出来ました。先輩マジサンキュ☆

③『トマト缶は有用』小菅先輩からの教えですね。
ひとり暮らしのおかず、簡単に作れる一品豚コマバジル煮込み。今度作ろう。トマト缶を買おう。

④『尾野先輩はゆき先輩と呼ばれる方が嬉しい』
尾野先p………ゆき先輩からの教えです。
よし、今度からそう呼ぼう。

番外編
『デリカシーないしちょろいし最悪だな』同期の阪田から言われた言葉。なんだよー、ちょろいのは悪いことじゃないだろー?それに言い換えたらさ『素直で扱いやすくて…………最悪』良い意味にはならないか(^∀^;)

以上です!
後半はまぁ演劇関係ないですが、全部今日教わったことです。学ぶことばかりで、楽しくて、楽しくて、もっと稽古したい!!これからの日々に心が踊るなぁ

今日の写真は歩き方を練習する糸魚川と小笠原先輩です。お納めくださいf:id:tamageki:20170623001120j:plain

お家に帰ろう

2年小笠原裕太です

この前、早稲田の方の講演が無事終わり多摩劇稽古日和です

今まではそんなことなかったのに最近なぜか帰りの電車で寝過ごしてしまいますね

みんなも気をつけてね


昨日の稽古では歩き方の大切さを改めて感じました
キャラクターによって歩き方をしっかり変えないとね


主宰のゆきちゃんのママがくれた名前忘れたお菓子です
マジさんきゅ☆


f:id:tamageki:20170622134755j:plain

一カ月って

こんにちは、ブログの更新遅れて申し訳ありません、3年小菅です。


ついに本番まで一カ月を切り、ホールでの練習がもりもりと増えてまいりました、座組一同、来たる本番に備えてもそもそと準備を進めております。そいそい。


本番まで一カ月を切るこの時期って、座組の空気がスッと変わってくる時期な気がします。あと数週間で本番という現実が見えてきます。やべえなと焦ったり、黙々と稽古したり、色々言いたくなったり、益々本番が楽しみになったり、何も変わらなかったり、変化は個人差があると思いますが、色んな意味で転換期だと思います。その中で、コミュ障の私はようやく新入生ちゃんとまともに話せるようになってちょっとホッとしてます。へへへ。


ここからまた一段階ギアを入れるこの時期、これからどんどん内容を詰めて、より良いものをお見せできるよう、頑張って行きたいですね。



写真は久しぶりにカムバックしてノリノリで台本読んでる小笠原と変わらぬ癒しをお届けする川上。癒しズ。

f:id:tamageki:20170621112252j:plain

二年目

どうもこんにちは。2年渡邊です

今回の公演は照明やらせてもらいます。でもメインは1年生なので補佐ですね。なんとなく感慨深い

 

 

  突然ですが皆さんは崖の上のポニョって知ってますか?

 

ポーニョポーニョポニョ魚の子〜♪ってやつです。あの宮崎駿監督の。

 

 

 

 

この曲を歌った大橋のぞみちゃんは今、高校3年生だそうです。

 …

え?え???

 

自分の中で小学校六年生のまま止まっている大橋のぞみちゃんは、気がつけば高校に入り、3年目を迎え、来年大学生という現実。なんてこった。

 

 

何が言いたいのかというと、公演もきっとあっという間に過ぎてしまうと思うので一日一日大事にしていきたい、ということです。

 

 

  f:id:tamageki:20170619211932j:plain<br>

 

今日来てくれた田口さん

エクストリーム日本洗濯日和

どうも!!
多摩劇三年の高木です!
今回は番外編として、我らが小笠原ゆうたが客演として出ている公演についてのブログを書かせていただきます!

生粋工房×劇団森『志士たち最後の青春』
多摩劇一同で観てきました!!

小笠原の愛されキャラが、爆発してます。
殺陣かっこいいし役者さん全員綺麗で。おがちゃん恵まれています。

土曜日も2ステあるようです!もしよろしければ勇姿をご覧いただきたい!

f:id:tamageki:20170616204802j:plain

幕末を生きる人間の熱さ、やっぱり憎めない人間たち。
そんな劇を観て僕が個人的に思うこと。

斎藤一には抱かれてもいい。

以上、急遽ブログを書かせていただきました。高木でした。

俺の1人舞台や!!!!!!!



おはようございます!!!再び来てしまいましたね、俺の時間!昨日頼まれていたにも関わらず寝落ち、一昨日のブログで遊ばれていた今回舞台監督の3年セイタです!!



聞いてくださいよ〜。1月公演の時を皮切りに皆が俺をいじり倒していじり倒して大変なんですよー。1年生たちも人によってはすでに4月から俺をいじってくる子もいるので先輩としての威厳が全くない!!(笑)(笑)

まぁ、1ミリも気にしてないんですけどね(笑)

ブログでもいじられ、稽古場に行くと役者たちや演出に舞台監督補佐、全員が俺にボケ倒してきます。ツッコミしなくちゃ済まないタチなのでほぼ拾ってツッコむのですが、なんでも拾うからボケ側が安心するのかグレードアップしてボケが返ってきて大変です(笑)  たまに8人ボケという鬼畜な所業の中でツッコミを入れなくてはいけない時も。君らは一体俺にどうして欲しいんだ・・・。




さて、昨日はしっかりと制作のお仕事をしてきました!20時30分ごろまで!意外と仕事してるんですよ?(笑)

俺が舞台監督って心配でしかないわ!という方。正解です。(笑)  まぁでも皆、優秀で有能なのでなんとかなってます!!!

立て看作業中の制作さん方f:id:tamageki:20170615185409j:plain

いやぁ、いいですねぇ。赤ペンキで下書きしたところを塗っているのですが、コピーかよ!っていうくらいにはうまかったです。今度から彼らのことを総称してロボッツって言いたいと思います。




相変わらず長いでしょう?でもお分かりの通りまだ続きます!!言いたいことは言わないと!




話は変わりますが、昨日がなんの日か知っていますか?小林一茶の誕生日!とかmiwaの誕生日!とかっていうのは知りませんが、

な、な、なんと!!!!!!1ヶ月後には!!!!!公演が!!!!!最終日を迎えているんです!!!!!!!!どどーん!!!!

いやぁ、これは一大事にですね、Yahoo!ニュースのランキングにもトップで載ってしまうくらい一大事です。皆、思った以上に早いとこの現実に恐怖していることでしょう。フハハハハハ!!!!!おいちゃんも頑張るから皆も頑張ってちょ。




というわけで気になるお天気ー・・・じゃなくて公演情報〜!


劇団ヴォカリーズ「私が殺した娼女」


法政大学多摩キャンパス

          EGGドーム5階ホールにて


7月13日              17時

      14日              17時

      15日  13時    17時




さて、そろそろおいとましますか!またいつか来たいと思います!お前いつもブログで元気だなっていう方、それが俺の日常です。(笑)   ブログで1番うるさいのは俺という自負があります!

体調にはお気をつけて!それでは気軽に楽しくマイペースにいきまっっっっっっっしょう!!!!!!─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

舞台監督の流儀

ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回、役者をさせていただく気づけば三年、高木です。

私は今回、座組の要である人物へ密着取材をしてきました。

f:id:tamageki:20170614224518j:plain

稽古が終わり、もっとも大事なホールの鍵を返すという作業をしている彼を発見。気が立っているであろう彼に声をかける。

ーすみません、森山未來さんですか?
f:id:tamageki:20170614224640j:plain

セイタ はい、今回舞台監督をする三年のセイタです

ー今回、夏公演ということで一年生が多く関わります。そんな彼らとのうまい付き合い方とは?

セイタ そんなに特別なことはしてないですね(笑)
    ただ少し生意気だったらこうやってね。
    シュッてね。

f:id:tamageki:20170614230457j:plain

そう言って慣れた手つきで素振りをする彼。公演への本気度がうかがえる。

ー最近の悩みなんて、聞いてもいいですか

セイタ 男でもいける疑惑が出てることです。
    今まで隠していたんですが、
    今年は勘が鋭い子が多くて(笑)

f:id:tamageki:20170614231019j:plain

頭を抱える舞台監督。いつでも笑顔を絶やさない彼は心で泣く。やはり一筋縄ではいかないようである。

決して目立つものではない。だが舞台監督無くして公演は成り立たない。縁の下のセイタとしての役目を背負う彼。この座組をどのように導いていくのか。

f:id:tamageki:20170614232934j:plain

森山未來さん、ありがとうございました。