法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

危険な一人暮らし

こんにちは!次回の本公演で役者をやります2年の川上です!


個人的な話をすると、多摩劇の本公演で役者をするのは1年ぶり、人生で2回目です(!)全然慣れません。毎日ドキドキです。


さてさて、そんな僕にも後輩ができました。

役者陣の中にも初々しい顔ぶれがチラホラ。先輩らしい姿を見せられているかは分かりませんが、日々楽しくやっております。


日々楽しく、といえば、僕は今年度から一人暮らしを始めました。昨年度までは寮にいました。

大学から比較的近いところで、通学もしやすく、いい環境です。

さらに、門限もなくなり、ちょいちょい友達を呼んでは語らったり、何もせずただダラダラ過ごしたり。たしかに、掃除とか洗濯とか、たまーに料理とか、やることは増えましたが、はじめての一人暮らしを謳歌しています。


ただ、ひとつ困ったことに、授業に出るのが面倒くさい、という感情が最近よく湧きます。

大学で1年過ごして、それぞれの科目の単位を取れる基準が分かってきたからでしょうか。……危ないですね。


"面倒だという理由で逃げてしまうようであれば、もともと自分がやりたかったことからすら、気づかぬうちに自分から逃げるようになってしまう"
(『スタートライン』 より 喜多川泰:著,ディスカヴァー・トゥエンティワン

最近この文を読んだ時に、ハッとしました。
「面倒だ」というのは呪いの言葉です。どんな行為でも、面倒だと言うことが出来るし、その言葉のみで、その行為をやめてしまう理由になり得てしまいます。

何事も全力で取り組むべきだ、休んではいけない、と言っている訳ではありません。人には休むべき時もあるし、手を抜いていいこともあります。
ただ、面倒だという理由で逃げてしまうことが危険だ、ということです。

稽古に行くのが面倒。セリフを覚えるのが面倒。そう言えてしまうのがこの「面倒」という言葉の怖さです。

大事なのは、その「面倒」をこえる「好き」とか「やりたい」とか、そういう能動的な気持ちです。だから人は生きているし、だから僕は大学に入学したし、一人暮らしをしてるし、だから僕は役者をやるんです。

気持ちが消極的な時など、面倒だ、という呪いへ逃げたくなる時はたくさんあります。
そういう時に、僕は過去の良い瞬間を思い出します。演劇であれば、このサークルに入った時の気持ちや、初めての公演をやりきった時の達成感や充実感などを思い出すのです。
そして、またそういう瞬間を生み出すために頑張っていきます。

日々、学生がもがきながら目指している最高の景色を、最高の瞬間を、共に体験していただけたら幸いです。
是非、観に来てください!


劇団アインザッツ

タイトル未定

公演日

7月4日~7月7日(7月5日は休演日)

 

(※変更になる可能性があります)

f:id:tamageki:20180525161338j:plain
役者陣だけでなく、大道具などを作る制作陣の頑張りも凄いです。

すたーと!

3年の山根です。

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか

私は真夏のような気温に辟易しながら大学に通っています

 

さて、ブログの更新ということは…

そうです!次の公演が始まります!

 

オーディションも終わり、来週から本格的な稽古に入るのでまた様子をお伝え出来たらと思います。

 

以下詳細

 

劇団アインザッツ

タイトル未定

公演日

7月4日~7月7日(7月5日は休演日)

 

(※変更になる可能性があります)

 

f:id:tamageki:20180518222211j:plain

やっぱなんだかんだ居心地いい多摩劇

こんにちは。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

新歓公演 劇団ハイテク豆電球「線」の脚本・演出だった佐野です。

(今から言っておきます。このブログ長いです。)

公演が終わり、はや5日が経ちました。

これまで毎日朝から晩まで稽古をやっていた生活から一変。

部屋の掃除をして、布団を干して、買い物に行って、

カップ麺ではなくじゃがいもや玉ねぎ、鶏肉を買って、ご飯を炊いて。。

そんな、余裕のある生活が、またやってきました。

と言っても、私の場合は正直、稽古期間中のほうが、ゼミばかりしていた生活よりは楽で

こんな余裕ある生活も、1年生のとき以来です。。

2年生のとき、私はゼミ中心の生活で

空きコマという概念はなく

夜も帰ってすぐ会議したり

(ただの力量不足なんですが)会議のためオールをすることもしばしば。。

そのため、多摩劇に関われる余裕がありませんでした。

多摩劇で何かあったとかじゃなく、ほんとにこれだけの理由で

私は2年生の約1年間、多摩劇活動を一切せず過ごしました。

(辞めたくはなかったので籍は置かせてもらってました)

そんな風に過ごして

今年1月にあったゼミでの発表を終えて一旦ゼミ活動にもひと段落つき

さらに、偶然、2月3月が暇な担当になりました。

そこで、久しぶりに多摩劇に関われる余裕が出てきて

佐野が脚本を書くつもりだという話を同期にしたところ

それを新歓公演にしようと言ってくれました。

(ほぼ一年いなかったのにふつうに佐野と仲良くしてくれる多摩劇の人たちほんとにありがとうでした。)

こう振り返ってみると、

佐野に脚本を書けと言ってくれた大人の方や

公演にしようと言ってくれた同期の子たち

役者や音照、制作を引き受けてくれたみんな

一年ぶりの佐野を今まで通りかわいがってくれた先輩方

(そして、公演やるのを応援してくれたゼミの人たちも含め)

なんて佐野は良い人たちに囲まれているんだろうと思わずにはいられません。。

佐野は、わりと人との巡り合わせに関しては運が良い人間だと思います。

あのとき、もしああしていなければ出会わなかった...!っていう人たちと関わりあって、今があるので。

その意味で、佐野はなにか持ってると思っています。

でも、これからはその運だけの人ではなく

そうやって佐野に期待してくれる人たちに

佐野に任せてよかったとか

佐野なら、って言ってもらえるような人になりたいです。

と言いつつ、反省会が怖すぎるほどいろいろと裏ではやらかしています😇

なにかとギリギリで(一部アウトもある)ご迷惑をおかけしましたほんとにごめんなさい🙏

反省会恐怖😇

ところで、この公演は個人的に自分の中での大きなテーマを見つけた公演でもありました。

メディアとしての演劇の可能性というか

こう言うとすごく小難しいですが

つまり、文字でも映像でもなく

演劇で、伝えるということの

それこそ「意味」です。

私的には考えがあるんですが、

それはまた今度の作品で書きまーす。(あ、全然公演にする予定はないですが個人的にまた台本を書きたいと思ってるだけです)

まずは、同じようなことを言ってる人がいないか先行事例を探すことからコツコツ始めたいと思います。

あ、でも新入生の皆さん、

別に多摩劇はこんな堅苦しい演劇論なんて求めてませんよ!

ただただ演劇が好きなだけでいいんです!

(もちろん、演劇やってみたい!っていう興味の段階も含め。)

まあ、人から見ると何かと生きづらい人生を送ってきたらしい私にとって

演劇が好きということだけが、生きがいであり、アイデンティティで....

っていう、佐野のようなだいぶ闇の深い演劇好きもいることにはいますが

単純に、好きという気持ちさえあれば大歓迎です😌

多摩劇の人たちはみんな一癖も二癖もある人たちで

カオスっちゃあカオスですが

それでも共通して、みんなただただ演劇が好きです。

その気持ちに偽りのある人ってなかなかいないんじゃないかなあ。。どうなんだろう。

だからなんだかんだ居心地がいいのかもしれません。

一年前のブログにも書いた気もしますが、田舎から上京して友達もできず超ホームシック状態の佐野の、大学での最初の居場所が、多摩劇でした。

そして、一年ぶりに来ても、やっぱりなんだかんだ居心地良いんですね、これがね。

だからまあ、あれです。

とにかくワークショップ来いよっていうことです。

お前の居場所、ここにあるぜってことです。たぶん。

まだまだワークショップやってますので、みなさまお気軽にお越しくださいませ🤲

それでは、このブログにてほんとのほんとに、新歓公演終わりです。

皆さまおつかれさまでした!!!

ほんとにほんとに、ありがとうございました!!!

多摩劇大好き!!!!!

いえい!!!

!!!!!

(反省会恐怖)

公演を終えて。

こんばんは、お疲れ様です。新歓公演で役者を努めさせて頂いた3年野沢です。

公演が終わり毎度のことですが、さびしく思いながら授業やバイトへ行っています。

今回本読みで主宰の佐野ちゃんから台本について話を聞いて、とても面白そうだと思いました。その時に佐野ちゃんの考えに私なりに共感し参加したいと思いました。

なので今回佐野ちゃんが書いた脚本の公演に役者に選んで頂き、参加出来たことをとても嬉しく思います!

また私ごとではありますが、久しぶりに3年生の女子全員が座組に参加して公演を行えたことが嬉しかったです。

初めて2役やらせていただいて、難しさを知り、自分に足りないものも教えていただきました。ありがとうございました!!

観に来てくださった方々ありがとうございました!

座組のみなさんありがとうございました!

新入生の方々まだワークショップなどありますのでぜひご参加下さい。お待ちしております!

公演を終えて。

こんばんは、お疲れ様です。新歓公演で役者を努めさせて頂いた3年野沢です。

公演が終わり毎度のことですが、さびしく思いながら授業やバイトへ行っています。

今回本読みで主宰の佐野ちゃんから台本について話を聞いて、とても面白そうだと思いました。その時に佐野ちゃんの考えに私なりに共感し参加したいと思いました。

なので今回佐野ちゃんが書いた脚本の公演に役者に選んで頂き、参加出来たことをとても嬉しく思います!

また私ごとではありますが、久しぶりに3年生の女子全員が座組に参加して公演を行えたことが嬉しかったです。

初めて2役やらせていただいて、難しさを知り、自分に足りないものも教えていただきました。ありがとうございました!!

観に来てくださった方々ありがとうございました!

新入生の方々まだワークショップなどありますのでぜひご参加下さい。お待ちしております!

#春から法政 って皆どれぐらい見るんだろう

皆さまいかがお過ごしでしょうか
3年の制作、山根です


最近は役者さんがブログ更新してましたが、楽前ということで一回私のブログにてお目汚しでございます


今日は本番を見ることができたので、それを見て考えたことについて書いていきたいと思います
あ、ネタバレはしません笑

 

 

 

 

さて、今日は舞台の上で生身の役者達が音響と照明と共に演技をしてました。


演劇サークルだから当たり前だろうと思われるかもしれないんですけどもし脚本の中身を伝えたいだけなら脚本読んでもらうだけでいいんですよね


その方が手っ取り早い


動いてる様子も見せたいというなら、完璧な部分だけ継ぎ接ぎした動画を作って見せればいいそうすれば、完璧な物をいつでも何回でも見せられます。


なのにも関わらず、私達ってわざわざ合計で何十人と集まって練習して本番も空けて皆さんの時間を拘束するんですね。

 

しかも今回なら1日1回で合計3回しかしません。利益も特に出てないです。


うち無料公演ですから!!!(唐突な宣伝)


でも、どんだけ練習して、本番が3回しかなくても2度と同じものは見れません。どんなうまい役者さんだって動きや表情まで完璧に同じということは無いと思うので


まあだからこそ、明日の公演を見にきて欲しいなって思いました。


明日の公演は明日しか見れません


1回見てくださった人もそうじゃない人もお待ちしてます

 

以下宣伝!

 

 

~2018年度新歓公演~

劇団ハイテク豆電球

「線」

エッグドーム5Fホール

17:15 開場

17:45 開演

 


こんばんは!眠いですね!今回役者やらせてもらってます阪田です〜。 

ところでみなさん、前回の記事見ました?役者紹介の写真、いつ撮られたのか全くわかりません!怖いですね!


今日は本番初日でした。久しぶりに感じた本番特有の緊張感というか妙なリラックス感というか、なんかそういう感覚にわくわくしました。まだまだ明日明後日とあるので頑張ります。頑張るためにも寝たいです。これ書いたら寝ます。明日は1限!なんと5時起き!ドン引きです。


写真がないのでなんかめっちゃ疲れてた時に撮った舞台の上の照明の写真、なんとなく好きなのでくっつけておきます。

f:id:tamageki:20180407175733j:plain


明日明後日もよろしくおねがいしまーす。おやすみなさい。