法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

劇団Re:member 「私のレーヴ!」

 こんばんは、川上です。2018年度冬期本公演(以下、冬公演)劇団Re:member「私のレーブ!」にて、主宰・脚本・演出を務めています。

 

 冬公演の概要が確定してまいりましたので、改めてまとめようと思います。

 

タイトル:「私のレーヴ!」

公演日時:12/20(木)・21(金) 開場17:15 開演17:45(両日共)

観劇料金:もちろん無料!

公演場所:法政大学多摩キャンパス Eggドーム5階 多目的ホール

キャスト:石森あき

     阪田りこ

     高井しげゆき

     野呂ひとみ

     長谷川けんいちろう

     元橋ゆうすけ(五十音順、敬称略)

特別出演:小杉みのる

舞台監督:杉山ゆうた

 

 はい、まあこんな感じです。ぜひスクショを撮って、いつでも確認できる状態にしておくことをおすすめします。あわよくば、友達とかに見せて一緒に来ちゃってください。

 

 

 これだけだとつまらないので、少し文をば。

 この「劇団Re:member」という劇団名、覚えてくださっている方も居るのではないのでしょうか。実は昨年の年末に、僕が主宰して、同じ劇団名で1年生公演という形で公演をうちました。詳しくはこちらの記事↓を御覧ください。

tamageki.hatenablog.com

 

 今日のこの記事では「劇団Re:member」という劇団名に込められた意味をお伝えしようかと思います。

 まず頭文字が大文字Rですね、これに特に意味はありません。固有名詞なので大きくしとこう、みたいな感じです。

 “re”というのは接頭辞です。この意味は「再び」、転じて「強意」というものがあります。再び繰り返す、執着する様子から連想されたと言われています。

 “:(コロン)”は、「何かを定義する、説明する」のような使い方です。

 

 これらを都合のいいように解釈すると、“Re:member”とは「メンバーを強めよう」というような感じになります。さらにひとつづきに読むとremember(「思い出す」や、「心に留めておく」などの意)です。

 まとめますと、“Re:member”には「座組員みんなで結束して、二度と忘れられないような瞬間を作り上げよう」という意味が込められているのです。

 (都合よすぎるでしょうか。まあでもいいでしょう。固有名詞ですから。) 

 

 

 しかし、これだけではありません。

 “re”を「再び」という意味で取ると、「メンバー再び」。叶うかはわかりませんでしたが、また同じメンバーで公演を行う日を、僕は当時夢みていました。

 

 そして、今回。1年という時間がめぐり、僕に主宰を務める機会がやってきて、またこの劇団名を掲げることができました。このためには、たくさんの方々のご協力がありました。本当にありがとうございました。

 なんと偶然なのですが、昨年の1年生公演の本番日も12月20・21日でした。もちろん、昨年の1年生公演とまるっきり同じメンバーではございません。3年生の先輩方や、1年生の後輩たちが加わり、パワーアップしています。みんな素敵で、僕にとって何者にも代えがたい大切な人たちです。

 「パワーアップ」したこの「メンバー」で、二度と忘れられないような、素敵な景色を作り上げたいと思っています。

 

 

 

 全員が精一杯の輝きを発する舞台に、足を運んでみませんか。

 

 星が光り輝く宙のように、二度と見られない素敵な景色を、みなさんに観ていただきたいと思っています。

 

f:id:tamageki:20181120222412p:plain