法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

頑張れ、新入生

今日、4月3日は法政大学の入学式だそうですね。


多摩の山の中にいる僕らは、うかがい知る事が出来ませんが、多くの新入生が、大きな期待を胸に、九段下にやって来た事と思います。皆さん、おめでとうございます。


皆さんは、今日、外堀沿いの満開の桜に驚いたり、武道館の外で待っているギャル・ギャル男に驚いたり、意外に校歌を歌える人が多くて驚いたりしたことと思います。これは、僕らも含め、皆さんの先輩皆が経験してきた事です。これで、皆さんとは、共通の体験を持つ、仲間ですね。一緒にこれから、法政大学で頑張りましょう。


そして、多摩生の皆さん、明日より、いよいよ多摩キャンデビューですね。明日、明後日は、多摩キャンパスが1年で最も、盛り上がる日、新歓祭です。地方から来た人などは、特に戸惑うとは思いますが、明日は、多種多様な種類の人間が、あなた達を、勧誘してきます。あまりの人の多さ、もらうチラシの多さに驚く事と思います。そして、こんなに人が多いのに、自分が一人ぼっちである事に不安を感じるかもしれません。


でも、大丈夫です。皆、はじめはそうでした。逆に、これだけ盛り上がっている日を、楽しんでください。多摩キャンに、人が多いのも、活気があるのも、皆がオシャレなのも、この日が頂点です。だから、きっと大丈夫です。


僕らには、皆さんに、一度は楽しんで頂きたい、一度は足を止めて勧誘の説明を聞いて欲しい、そんなサークルがあります。「多摩演劇研究会」です。そうです。僕らです。


社学棟に向かう途中の坂に僕らのブースがあります。立て看も作ったので、分かりやすいと思います。元気で、活気のあるサークルです。大学生活をバイトと講義と就職活動だけで終わらせたくない、そんな人間が、とっても輝ける場所です。是非、僕らを見つけて、説明を聞いてみてください。


(萩原)