法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

ここ最近の気苦労ともお別れだ

こんにちは。劇団パイパイ、主宰の小菅です。


昨日11月11日をもちまして、『さらなり』、終演いたしました。あんな辺境の地に観にきていただいた方、どうもありがとうございました。楽しんで頂けたら幸いです。


支えてくださった皆様、話を聞いてくださった皆様、そして、難しい舞台を作るために一丸となってくれた、座組員のみなさんには、感謝の気持ちが尽きません。紆余曲折ありましたが、素敵な舞台を作れて、安心がすごいです。




解説というわけではないですが、思いのたけ的なものを長くなりそうですが少しだけ。


この舞台は「エゴ」でできています。

こんなセリフを書いてみたい、こいつにこんなこと言わせてみたい、こんなかっこいい演出を見せつけてやりたい、そんな舞台的なものから

脚本で、ちょうど良く生きようとしているやつ、他人の不幸を見て喜ぶやつ、恐れから何もしないやつなど、様々な「自分の都合」を、持ったものを押し出しました。


自分でこうやりたい!こうじゃなきゃ嫌!というエゴがあるのは当たり前で、でもそれは大抵叶いません。自分勝手だからです。それでもそのくすぶりは、ずっと各人の心に残ると思います。


ちょっと変でもいいから、自分のエゴを堂々と出せる力が欲しい、私はこれがしたいのだと、相手に世間にはっきり叫べる強さでありたい。


そんなエゴを全部包んで、全部の要素を詰め込んで、ゲロみたいに吐き出したのがこの劇です。そんな風になった。


演劇はエゴのぶつかり合いで、こっちがいい、それ違うの繰り返しです。色んなものに何回もぶつかり、何回もえぐられ、時折磨かれ、ボロボロになったその先に、みんなの「エゴ」を叶える芝居ができるのかもしれない。そんな芝居がやってみたかった。


座組員のみんな、嘘か真か「楽しかった」と言ってくれました。


だから、私は強くないですが、ずっとやりたかった芝居がやっとできたのかもしれない。そう思うのです。


気苦労とのお別れが、こんなにさびしいものだとは思っていませんでした。

こんな不甲斐ない主宰を支えてくれた、全ての人に感謝をしたいです。

ほんとうに、ありがとうございました。



はい笑って笑ってー、一件落着!

f:id:tamageki:20171112144739j:plain