法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

お疲れ様です。

山村です。

ブログ2週目回ってきたー。

やったー。

…心にもないことを、と思われそうですけど、実際、ブログ好きなんですよ。

そんなにやりたいなら、裏方に回すなよとか言われそうですけど。

でも、率先して、「書きたいです」って言うとなんだかハードルが上がるじゃないですか。

ハードルを下げるのに、日々、力を注いでいます。

人生の半分かけています。

それに、半分かかってるんだったら、ほかの半分をどう分担しているんでしょうね。

それは、うまいことやってます、としか。

そんなこと聞かれても、困ります。

実際は、半分も使ってないですからね。

使うわけないじゃないですか。

騙されましたか。

でも、実際、ブログって良くないですか。

なんだか、書いているうちにこみ上げてくるこの感情。なんだろう。このウキウキは。

半端じゃないんですよ。

例えるとすると、あれです。

メガネを小一時間探していたら、トイレにあった時の驚き。

えー!

もう、えー!ですよ。

いたのかい、と。

お前は、そこにいてくれたのかい、と。

相当驚きますよね。

びっくりするんですよ。

びっくりと同時にホッとする。

最高の瞬間ですね。

うん。

まぁ、そんなこと、一度も経験したことないですけど。

え?

どういうこと?

早くも、何が言いたいのかわからなくなってきましたが、テンション上がってます。

深夜のテンション。

どんどん変なテンションになっていくんです。

とにかく、進めたいのはブログの話。

求められるのは、勢いとかじゃなくて、脱力感ですよね。

淡々と、日々を綴っているだけですけど、みたいな。

私の日常を、リアルにお送りしています、みたいな。

そんなブログを、アホヅラしながら見たい。

ぼーっと、パソコンを眺めていたい。

携帯をいじっていたい。

いや、そんな、だらだらとした人生を送っていくなんて、考えられない!

ふざけんな!

けしからん!

急にキレました。

意味がわかりませんね。

自分でも、意味がわからないことは分かってやってますから、そこは、僕のエラいところです。

ここまで、読んできて、あれ、長くない?と思われた方多いと思います。

僕もそろそろ、やめたいなと思ってたところなんですよ。

しかし、ここでやめたら、極上の脱力感は生まれません。

 極上の脱力感を生むための方法は、まずは、ほしがらないことですね。

我ながら、的を射ている気がする。

そう、言いながら、達成できないのが、こういう目標なんですよね。

ほしがります、僕は。

書きまくります。

とにかく、書きまくります。

最近、周りになめられてる気がするんだよな。

ムカつきます。

話題が唐突ですけど。

そんなん知るか。

読んでる人が勝手についてくればいいんです。

無理だったら、読まなければいいです。

それで、何の話でしたっけ。

テレビ番組で、天気予報やってるとき、晴れマークが泣いてる時ありますよね。

ないですかね。

そんな話、してないですね。

飛躍に次ぐ飛躍。

あーあ、バカらしくなってきたな。

なんで、こんな一生懸命書いてるんだろう。

ごめんなさい。

このとおりです。

ブログだと伝わらないですね。

土下座より、謝る気持ちを強めた、座、をしています。

ただ、座っています。

はい、そろそろ、飽きてきたな。

やめます。

ありがとうございました。

あ、あと、5月公演やるので、見に来てください。