法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

2018秋本公演役者紹介vol.4

皆様、連休最終日いかがお過ごしですか、秋本公演主宰の千田です。


先週の土曜日についに小屋入りしました。

舞台セットを組み、照明も組み直し、音響もセットして…

いいものになるんじゃないでしょうか。

自分で言っちゃいますけど。

結構良さげですよ。

きっと私が誰よりも本番を楽しみにしています。





役者紹介もついに折り返し。


本日ご紹介するのは…






Y役、3年の荻野連。



f:id:tamageki:20181008121847j:plain



イケメンです。

こちらをご覧いただきたい。



f:id:tamageki:20181008122750j:plain


この横顔ですよ。

この凹凸ですよ。

何この立体感。

すーごいよ。

今回の役者の中で一番かっこいいんじゃないですかね。


顔に加えて性格もかっけーやつです。

実はこの公演が始まるまで、彼とそんなに話したことがありませんでした。

常識があって、謙虚で、礼儀正しい…そんなイメージでした。

稽古が始まってみると彼のイメージは少し変わりましたね。


f:id:tamageki:20181008123440j:plain



前までのイメージも間違っていないのですが、最近では可愛さも感じるようになりました。

とりあえず、ニコニコしながらお話ししてくれます。

あと、すぐ絡みに行ける距離にいてくれます。

気遣い上手なので、意識的にその距離を保ってくれているのではないでしょうか。

先輩が多い稽古場で、強い風当たりにも耐え、爽やかさを保ちつつ、気配りもする。

出来ないことないんじゃないかな。



f:id:tamageki:20181008123513j:plain



今回彼には難しい役をお願いしています。

どう難しいのかは是非見ていただきたいのですが、彼を演出する時に私が出した例えを少し紹介すると、


『この台詞は、お母さんにキムチを買ってきてって頼んだんだけど、いつもの甘口のキムチとは別の物を買ってきた時の「だから、甘口買ってきてって言ったじゃん….」の感じで読んで。』


伝わりますかね。

文面にしてみるとなんのことかさっぱりですね。

稽古場でも意味が分からないとザワザワしましたが、彼は困りながらも真剣にその意味を考えてくれていました。


f:id:tamageki:20180925174214j:plain


誠実なんですね。

優しいとは別です。

誰彼無条件の優しさではなく、彼が好きなもの、関係のあるものは大切にするタイプです。

もちろんそれは関係ない物を疎かにするって意味ではなく、言うなれば「親しき仲にも礼儀あり」ってやつです。

気心知れた仲だからこそ、行き過ぎたコミュニケーションがあったりします。

この時にしっかり自分にブレーキかけれる人間です。

すげーな。

かっけーっす、まじで。



f:id:tamageki:20181008125144j:plain



きっと演技にもそういうの出てると思います。

彼のかっこいい姿を観に来ていただきたいです。





役者紹介も残すは稽古場の華やかさ、女性陣を残すところとなりました。

明日もお楽しみに。


本番まであと3日。