法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

2018秋本公演役者紹介vol.1

おはようございます。

先日ぶり、秋公演主宰の千田です。


本番まで残り1週間となりました。

残る日を駆け抜ける所存。

思い返せば座組みが動き出して丸一ヶ月以上経っていました。

夏休み返上で今回の公演に参加してくれた役者達を本番まで少しずつ紹介していきたいと思います。






トップバッターを飾るのは、




S役、3年生の金屋嘉希。


f:id:tamageki:20181004093548j:plain


稽古場で皆んなのサンドバック。

イジリも自虐も物ともしない強いハートの持ち主です。


f:id:tamageki:20180924174823j:plain


驚くべきは夏休みから始まった稽古の参加率。

夏休みなんだから遊びやらバイトやら色々あるだろうに、彼は一日も休むことなく稽古に来てくれました。

更には稽古の予定が組みやすいからと私と同じバイト先に勤める始末。

誰よりも役者という役職に責任を持ってこの公演に熱い思いをかけてくれています。



f:id:tamageki:20180927175825j:plain



しかも私の最寄り駅まで帰り道が同じなのです。

稽古場、バイト先、帰り道と、断トツで今年の夏に一緒にいた人です。


色々な話をしました。

彼が常々口にするのは、


4年生と何かやれるのはこれが最後かもしれないので。


今回の公演は私を含めて4年が数名参加しています。

しかしこれも本当の本当に最後の本公演の参加。

そこに同じ気持ちで付いて来てくれる熱い奴がいるのは本当に感無量です。


f:id:tamageki:20180831113808j:plain



基礎練習も手を抜きません。

変顔をしてる訳ではないですよ。

表情筋の練習です。


よく言われる話ですが、演劇は自分の殻を少しずつ破っていくトレーニングが必要です。

舞台上で告白しないといけなかったり、泣かないといけなかったり、時には恥ずかしい姿を晒すこともあります。


彼は今回の役者の中で一番その殻を破って来たのではないかと思います。

イジられキャラだからこそ色んなものを求められてきただろうし、それに応えて沢山の殻を破ってきたのではないでしょうか。

その今までの生活なり、経験なり、彼が過ごしてきた時間が直結で演技に出る感じ。

彼の演じるキャラクターは身近で愛着が湧きます。

私が作演をやることが決定した時、早々に彼に役者のお願いをしました。

今回彼が演じる役も皆さんにとって親近感の湧くキャラクターに仕上げてくれています。


是非金屋嘉希の演技をお楽しみに。


f:id:tamageki:20181004100931j:plain


飲み会でマジシャンのお兄さんにお手伝いをお願いされた金屋。

初対面の人にもイジられちゃいます。

イジられキャラが顔から溢れでもしてるんですかね・・・。