法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

役者紹介⑧ 高木亮

尾野がお送りする役者紹介のコーナー。

第8弾はこの人!


f:id:tamageki:20170710034338j:plain    


高木亮です!

Jキャスト、ハイド・ランジア役で出演します。



高木くんは、10月公演・劇団大げさ集団「W」、1年公演・劇団慢心「あの日僕は獏になった」で主人公一鷹役、新歓公演・劇団D級戦犯「dirty」に出演。

去年の7月には、主宰・脚本・演出として、劇団レッドアイ「ハッピーエンドに憧れて」を成功させました。

高木くんのセンスがちりばめられた脚本は本当に面白く、演出では役者をとても大切にしてくれて、本当にすごい主宰でした!




同期の高木くんは、最近どんどんカッコよくなっていて、なんだか寂しく感じてふざけている写真を使ってしまいました。

ごめんね。

普段はこんなにイケメンです


f:id:tamageki:20170712023319j:plain    


f:id:tamageki:20170712023335j:plain   


f:id:tamageki:20170712023355j:plain     


このルックスで超イケボ。

かっこいいし気遣い上手で優しいし面白いし後輩への面倒見がいいし気さくだし粋だし、なにか欠点あるんですかね。

フルコンボだドン。




去年の今頃は高木くんが主宰で私が役者でしたが、今回は逆の立場になりました。

最近多摩劇では役者やっていなかった高木くんが出演を決意してくれた時は本当に嬉しかったです。

実は、「高木くんが出たくなるくらいすごい脚本書こう!」と思いながら脚本書いてました笑笑

同じ時期に主宰を経験した高木くんが役者として支えてくれていることが本当に心強く、いつも助かっています。



高木くんとは今回の役者陣の中で1番共演回数が多いです。

そこで感じた高木くんの個性は、観客を自分の味方にする役者さんだなーということ。

観客も共演者もみんな高木くんの役が好きになっちゃうんです。

以前共演した時も、高木くん演じるキャラクターに冷たく接しなきゃいけなかったのに、なかなかできなくて。

どんな役でも憎めない。

守りたくなる。

同情したり共感したりしやすい。

そんな個性のある役者さんです。

それは高木くんの、自分の役の長所や魅力を発見して伸ばす力がものすごいからだと思います。

また、本人は気づいてないかもしれないけれど、高木くん自身の愛嬌が良い味となって出てきているのかな。

身に付けようと思って身に付けられる力ではないので、高木くんの強い武器だと思います。

主人公向きだなぁ。


f:id:tamageki:20170712023412j:plain     


そんな高木くんですが、今回はなんと飛び道具役!

今までにはなかった系統の役に全力で向き合ってくれています。

演出は飛び道具にうるさい尾野です。

しかも日本語めちゃくちゃな尾野ですよ。

そんな演出にも負けず、毎回いろんなハイドを見せてくれて楽しいです。

また、メイクプランを提案してくれたり衣装を完璧に揃えてくれたりと、ハイドを気に入ってくれているようでとても嬉しいです!

サンキューなのだ


f:id:tamageki:20170712023423j:plain     


植物で例えるならムラサキシキブ、「愛され上手」の花言葉が似合うイケメン俳優・高木亮は、14日ソワレ、15日ソワレに出演!

惚れるな危険!




次回の役者紹介は〜?


f:id:tamageki:20170712023432j:plain  


f:id:tamageki:20170712023441j:plain   


石森亜希!

サービスサービスぅ!