法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

舞台監督の流儀

ブログをご覧いただきありがとうございます。
今回、役者をさせていただく気づけば三年、高木です。

私は今回、座組の要である人物へ密着取材をしてきました。

f:id:tamageki:20170614224518j:plain

稽古が終わり、もっとも大事なホールの鍵を返すという作業をしている彼を発見。気が立っているであろう彼に声をかける。

ーすみません、森山未來さんですか?
f:id:tamageki:20170614224640j:plain

セイタ はい、今回舞台監督をする三年のセイタです

ー今回、夏公演ということで一年生が多く関わります。そんな彼らとのうまい付き合い方とは?

セイタ そんなに特別なことはしてないですね(笑)
    ただ少し生意気だったらこうやってね。
    シュッてね。

f:id:tamageki:20170614230457j:plain

そう言って慣れた手つきで素振りをする彼。公演への本気度がうかがえる。

ー最近の悩みなんて、聞いてもいいですか

セイタ 男でもいける疑惑が出てることです。
    今まで隠していたんですが、
    今年は勘が鋭い子が多くて(笑)

f:id:tamageki:20170614231019j:plain

頭を抱える舞台監督。いつでも笑顔を絶やさない彼は心で泣く。やはり一筋縄ではいかないようである。

決して目立つものではない。だが舞台監督無くして公演は成り立たない。縁の下のセイタとしての役目を背負う彼。この座組をどのように導いていくのか。

f:id:tamageki:20170614232934j:plain

森山未來さん、ありがとうございました。