法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

「うちら、伝説のカップルになるし〜」

中山です。
二回目です。

主宰が熱のため、稽古を休んで二日目。

では、稽古場について書いていこう

まず、題名について

休憩中に先輩が発した一言だ。

「勝手になってろ」
「病院行きなさい」

みんな、こう思っているのではないか。

「やめろ」と責められると「だって」と、女のせいにする男についても

「お前もまんざらでもないだろ」
「病院行きなさい」

みんな、こう思っているのではないか。

少なくとも私は思っている。


次に、稽古について

仕切る人がいない分、うまいこと進まない。彼にも需要があることがようやく証明されたといったところか。良かったですね。
「ここはこうでしょ?」「いや、でもそうみえた」「そこが気になるなー」
こんな会話が飛び交っている。
そう、一年生達だ。私は真面目だなと感心して見ている。申し訳ないが、私は自分のことで精一杯で、あまり言えない。実力の無さを痛感してしまう。


何はともあれ、明日はおそらく主宰が来る。もう11月も終わりだ。あっという間に本番になるだろう。私ももっと、頑張らねば。

写真はめんどくさいのでやめました。

さようなら
今度こそ、書くことはないでしょ。
この気持ちを汲み取って頂けることを期待してます。

では、お休みなさい