法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

もう今日はなんもヤル気しない

どうも菅です。


さっきウンチしたらすごい変な色でした。





そんな僕は今回マスオという役をいただきました


マスオはひ弱で気の弱いいじめられっ子です。

しかし、そんな彼を変えたのはギターとの出会いでした。

マスオはギターを引いてる時だけは強い自分になれている気がしました。

ある日彼はギターを手に持ち戦場に赴きました。

無残に大量虐殺が行われる戦場でマスオはギターを弾き続けました。

マスオは平和を歌い続けました。来る日も来る日も・・・

そして、その日がやって来ました。

乱射されたライフルの弾丸の一つがマスオの頭を貫通したのです。

マスオは即死しました。

しかし、マスオの歌は鳴り止みません。

そうです、その兵士たちの耳からマスオの歌が離れないのです。

兵士たちは泣き崩れました。

俺たちはなにをやっていたんだと、なんて馬鹿なことをしていたのだと。

大空全体にマスオの歌が鳴り響きました。

その日から世界に平和が訪れました。




・・・





それじゃあ、聞いてください・・・


辞表の歌。






(菅)



※この人物名・物語は僕の妄想です