法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

早起きと音照講習会と忌まわしき腰痛

楽器が扱える人ってすごい。
どうも藤木です。


人間誰しも素人にはできない、幾多の練習を経たからこそ得た技術を持つ人に憧れを抱くもんです。
中でも楽器弾ける人はギターでもピアノでも有無を言わさずすごくかっこよく見えるもんですね。
ミュージシャンがモテるのもよく分かります。
もう楽器っていうだけで既にかっこいいイメージなのに、それを弾けるとなると相乗効果で更にかっこいい。
こりゃもう勝てませんね。諦めます。
あ、でもリコーダーだとダサく感じますね。何故でしょう、ごめんなさい。




さて土曜日に多磨劇員向けの音響照明講習会が行われました。
ブログを書くと豪語したものの、はてさて何を書けば良いのやら。


怪我人も出ずに無事終わりました。お疲れさまでした。




あー、一年生がいっぱい来てくれました。今年の一年生は年がまだ18と聞いて(当然ですね)みんな若いなぁ、と思ってたら年上もいたんですね。今更ながら驚きました。



いーと、痴女が痴女の痴女行為に痴女としての対抗意識を燃やして痴女行為に走っていました。
とりあえずセクハラは人が不快な思いをしない程度にしてください。



うーん、石井大先生がREAL EVA STYLEでした。



えー…、パソコンは下重君の一部だと見なされていたようです。



おあー、村田くんはすげぇ菅くんのギターを気に入っていたね!うん!かっこよかったよ!うん!




…こんなものですかね?
やはり大したことは書けなかったようです。
最近のブログの暴れっぷりからすると本当に地味ですね。精進します。