法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

半分終わりまして・・・

どもども、永井です。


いやぁ、初日、二日目と終わりました。全六回公演のうちの三回が終了。
今日でちょうど折り返しです。「モノクロームを染める赤」これがけっこー好評みたいで、
アンケートもイイ感じの感想が多数書いてありました。
これね、役者全員が目を通しているんですが、本当に励みになります。
みんなを代表して、感謝を伝えたいです。ありがとうございます。


俺を含めて、役者のほとんどが初主演の舞台だったんですが、
それを言い訳にするわけではないですが、役者ってめっちゃ緊張するんですよ。
一回目なんか、もうバクバクで。そんな中、観客の中に友人が三人来ていて、
それが良い安定剤になりました。劇ってのはお客さんがいて初めて成り立つだなぁ、と。
表も裏も、ハプニングが絶えませんが、その話はまた今度。


で、今回は「殺陣」について、書きたいと思います。
今回の劇のクライマックスを飾る「殺陣」ですが、
この「殺陣」には、ある方のご協力があってこそ、成り立ったものです。
えぇ、パンフに書いてある演助さんですね。裏の人ってあんま露出少ないんで、
みなさんにはビラ配りぐらいしか出会う機会ないと思うんですが、
彼なしでは、あれほどの殺陣は成功しませんでした。
演助の彼は剣道ウン段、空手ウン段という多摩劇ナンバー1の格闘家。
みんな剣は初心者だったので、大変助かりました。
そして例の二人の練習量、マジで半端ないです。
演出さん、演助さんと四人で、試行錯誤の連続でした。


途中、剣が折れて、修理に超手間取った時期もありました。
誰かさんの剣が折れ曲がって見えるのは、それが原因です。
どうか温かい目で見てやってください。


でわ。まだ見てない方がいるならば、役者ともども、
エッグ5Fホールにある「KILL TIME」でお待ちしております。
最後に夏に構想していたキャラのイメージ図を置いておきます。
また今度〜。