法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

稽古日誌。

はい、あー、どーも。多摩劇一年の永井と申します。

「モノクロームを染める赤」では、ケイタ&ソウタで出演しています。

たまには稽古の日記でも付けない?と某先輩に誘われ、今回初投稿させていただきます。

・・・ってか明日が本番なんだけど。いいのかな?笑


えー、とりあえず何を書こうかな・・・。あ、そうそう。

最近ね、世間では風邪流行ってるじゃないですか、多摩劇も例外じゃありません。

っていうか、感染度、本気(マジ)でヤバいです。特に裏の人。

舞台監督さん、照明さん、お手伝いさん、演出助手さん、ヒロイン、俺、等々、

多摩劇のメンバーがどんどん感染しています。みんな大学の診療所でお世話になりました。

特に、俺は本番直前でこいつのせいで喉をぶっ壊し、ほとんど練習ができず・・・。

ごめんなさい、マジで。

喉に関してはみんな調子悪いんで、龍角散をカンパして買い、回し飲みしています。

これは前回講演の「1975」から使われている、多摩劇の必須道具の一つです。

ただ、匂いが墨汁で、飲むには相当な覚悟が必要です。注意を。


まぁ、色々と受難がありましたが、なんとかこの日までたどり着けました。

あと四日でこの劇も終わりです。みんなガンバロー!