法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズが日本シリーズを優勝しました。


僕が、愛知にいた時は、ドラゴンズがこんな常勝軍団になるとは、予想できませんでした。


中日は2位がしっくり来る球団でした。


2位とBクラスを交互にやる球団でした。


本拠地で巨人の胴上げを許してしまう球団でした。


ノーアウト1塁で、山崎がゲッツーを打つ球団でした。


ライトにあがった大飛球を、井上が無理にジャンピングキャッチしようとして、逆に三塁打を許してしまう球団でした。


大活躍した年の翌年に、関川が大スランプに陥る球団でした。


万が一日本シリーズに出ても、緊張してしまい、ペナントの力を出し切れず、パリーグの苦杯を舐める球団でした。


しかし、中日は変わりました。


中日は、日本シリーズ出場がしっくり来る球団になりました。


1位と2位を交互にやる球団になりました。


小笠原で、巨人のお株を奪う球団になりました。


ノーアウト1塁で、井端が進塁打を打つ球団になりました。


ライトにあがった大飛球を、英智が華麗にダイビングキャッチする球団になりました。


大活躍した年の翌年に、ウッズが、その名前だけで、巨人や日ハム投手陣がを震え上がらせる球団になりました。


日本シリーズと言う大舞台で、史上初の完全試合リレーをやる球団になりました。。


全く別の球団になりました。


昌も投げていなし、立浪も打っていません。


でも、中日の優勝です。


落合が中日を変えて、53年の歴史を塗り替えました。


落合、ありがとう。


こんなに勇気を貰えるなら、昌も立浪も出なくて構いません。


本当にありがとう。


(萩原)