法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

恋の始まり、恋の終わり

こんにちは。星加です☆
今日は、誕生日でした。
私のではなく、初恋の、いとうくんの、です。
小学一年生の時、同じクラスで出会ったいとうくん。私はとても積極的な子で、給食の、みかんの皮に、「いとうくんだいすき」と書いて、渡したりして、給食中にしょっちゅう告白をしていました。


「わたし、いとうくんだいすき〜」
「おれ、ほしかきらい」


・・・・・。
だけど、そんな無神経なところも好きでした。


その後も、中学を卒業するまで、私は懲りずにいとうくんを想っていましたが、とうとう想いが届くことはありませんでした。


ところが、高校3年の夏休みに通い始めた塾の夏期講習で、なんと、いとうくんとの再会を果たしたのです。受付で見たクラスの名簿には、まさかの、いとうくんの名前がありました。私と彼は、偶然にも、同じ日に塾に行き始め、同じ科目を取っていたようです。


やや!?これは、神様が、いとうくんと結婚しなさいと言っているにちがいない。私には、神のお告げが聞こえたような気がしました。そして決心しました。
「私はいとうくんと結婚する」
今日は動揺して無視っちゃったけど、明日は、頑張って話しかけてみよっかな♪と、次の日ドキドキ気分で塾に行ったのを覚えています。


けれども、私と鉢合わせた次の日以降、いとうくんが、塾に姿を現すことはありませんでした。いとうくんは、私を発見するなり、逃げるように塾をやめていったのです。そんなことも、あります。
神のお告げは、私の勘違いだったようです。そんなことも、ありますよ。


いとうくんは、今頃、どうしているのでしょうか。
みなさんの初恋は、いかがなものでしたか?


私の、いとうくんエピソードは、まだまだいっぱいあって、時々無性に話したくなるのですが、あんまりここに書くと、気持ち悪い人みたいになるので、やめておきますね。
よかったら、誰か、話を聞いてください。


よかったら、公演も、見に来てください。


(星加)