法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

前説の男の子です

オー!ジーニアスの皆さんが書かれている中、横槍失礼します。


夜ふかしの会の前説の男の子・萩原です。


今回の公演では、僕が、普通に前説しただけなのに、多くのお客さんから、拍手を頂きました。世の中、温かい人ばかりです。


僕の前説は、「ギャラクティカダイアモンド」以来2回目なのですが、今回は前説の前に、「前説の前の諸注意」がアナウンスで流れました。


「萩原君は、カツゼツの良さに定評がありませんが、あまり気にしないで下さい。」


「萩原君は、舞台に立つ嬉しさのあまり、ニヤニヤしていますが、あまり気にしないで下さい。」


「萩原君は、基本、目線が天井に向いていますが、あまり気にしないで下さい。」


「萩原君は、たまに的場耕治に見えることがありますが、実際は似ていないので、あまり気にしないで下さい。」


この後の前説だったため、会場の皆さんは、本当に僕を暖かく見守ってくれたのです。


音響さん、会場の皆さん、ありがとうございました。


僕は、無事、前説を、数回噛んだだけで終える事が出来ました。


そんな、前説で始まる、夜ふかしの会「引き金は二度引け」大成功でした。


お越し頂いた皆さん、ありがとうございました。


動員540人。すごい先輩達です。尊敬します。


多摩劇の1年生もいっぱい来てくれました。


ありがとう。


次回は10月。是非、お越しください。


で、今後の萩原さんはというと、当初の予定では、6、7、8月は、バイトをしたり、講義に出たりと、普通の大学生生活をしようと思っていたのですが、どうも、そうはさせてもれそうにないようです。


7月、多摩キャンパスに何かが起こります。


まあ、そんな大げさな事でもないのですが、とにかく、ヤツらが帰ってくるのです。


僕は、帰ってくるヤツらに台本を書く事になりました。


詳しい発表は、オー!ジーニアスの公演が終わり次第行います。


とにかくそれまでは、多摩劇会長として、オー!ジーニアスをバックアップです。


オー!ジーニアスを、よろしくお願いします。


(萩原)