法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

何故そこにいるんだ…

インザーギさん。


公演前にも、このブログに書いたとおり、僕は、チャンピオンズリーグ決勝にハッスルしました。


公演前のブログでは、チェルシー対マンUが楽しみだと書いたのですが、結局まったく違うカード。しかし、98年W杯以来、僕は結局「にわか」。とにかく、多摩劇のサッカー好きと一緒に大ハッスルです。


僕らの、大ハッスルの対象は、もちろんインザーギさん。


最後の最後で、2ゴールするあたりが、インザーギさんで、大ハッスルです。


いや、ほんとにいい試合でした。


で、今回僕は、「俺、イタリア人好きだわ」と実感しました。


喜び方がとにかくアホです。


ゴールを決めた後のインザーギさん、ビッグイヤーを掲げるマルディーニさん、ベルルスコーニの下に駆け寄るガットゥーゾさん、とにかく、みんな、狂喜乱舞すぎて、アホです。大好きです。


イタリア人は、06年のW杯の時も、アホでした。


無邪気に喜ぶピルロさん、W杯を掲げるカンナヴァーロさん、リッピの下に駆け寄るガットゥーゾさん、とにかく、みんな、狂喜乱舞すぎて、アホでした。大好きです。


やっぱり、これだけ、楽しそうにしてると、見てるほうも好感持てますね。僕らも、楽しそうに演技しないとなと再確認した、木曜日の明朝でした。


(萩原)