法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

今日から俺は

はじめから、台本3本なんて無理だったんだでお馴染みの萩原です。



自分の名前を、何となくグーグルで検索しました。


ま、出来心です。


19件ヒットしました。


ま、こんなもんです。


そしたら、何故か、法政大学社会学部のホームページ「SOC」もヒットしていました。


「えっ、俺、何か、矢部ゼミさん(社会学部のホームページを作っているゼミ)のインタビューとか受けたっけ?」


「もしかして、俺の、多摩劇での活躍が、社学のホームページで紹介されているのか!?」


と、ちょっとテンションが上がりながら、それをクリックしてみました。


そしたら、「丹羽ゼミ上映会」のレポートのページでした。


■メディア社会学科 2年 萩原佑太
カンボジア難民の方の作品中での私生活の様子を見て、実際に日本に難民がいるってことを感じさせられました。丹羽ゼミ上映祭のような、作品を人に見せるということは勇気がいることだと思います。でも、このような機会がもっと増えたら、社会学部は更に盛り上がる気がします。」

ああ、思いっきり聴衆でした。


あぁ、すげぇ恥ずかしいです。


赤面です。


て言うか、まだ、僕は、聴衆レベルなのです。


丹羽ゼミさんのような、スポットライトを浴びる側ではないのです。


早く、自分も紹介される側に回りたいのです。


今回の僕のような、メディ社の2年生を感心させる側に回りたいのです。


要するに、チヤホヤされたいのです。


まあ、萩ちゃんと言えば、チヤホヤされたい人、みたいなところがあります。


どうしても、そうなってしまいます。


夜ふかしの原さんとか、コーヒーカップの宮本さんは、SOCで、ロングインタビューが掲載されてるんです。


スポットライト浴びてるんです。


僕も、両先輩のように頑張らないとです。


広末涼子のがんばらナイトです。


まず、次回公演を頑張らないとです。


広末涼子のがんばらナイトです。


そのためには、台本を書く事をやらねばです。


ウッチャンナンチャンやるならやらねばです。


広末涼子のがんばらナイトです。


自分の名前をグーグルを検索している暇があったら、台本を書いた方がいいと思います。


はい、書きます。


よろしい。


広末涼子のがんばらナイトです。


て言うことで、明日から稽古です。


広末涼子はポケベルをはじめましたが、僕らは稽古をはじめます。


広末涼子のがんばらナイトです。


追伸:「WASABI」はつまらないと思います。


(萩原)