法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

徳川家定にはならないよ

僕、萩原佑太が2007年度の多摩演劇研究会の会長になりました。


多摩劇自体が1994年に発足して、95年から公演を打っているので、僕はだいたい13代目くらいの会長っぽいです。


13代目っていうと、江戸幕府でいうと徳川家定です。


まあ、そう言われると、気が楽です。


8代目とか言われちゃうと、吉宗みたいに、改革しないといけないのかな?とか思っちゃうし、


15代目とか言われちゃうと、慶喜みたいに、頭良くないといけないのかって思っちゃうし、


なんか、13代目くらいでよかったです。


でも、まあ、多摩劇が発展するために、頑張ります。


家定みたいに、優柔不断な老中達に仕事を任せっ切りで、雄藩に付け入る隙を与えてしまうなんて事はしませんよ。


よろしくです。


(萩原)