法政大学多摩演劇研究会ブログ

公演情報、稽古場ブログなど多摩劇の活動を公開します!

納会

今日は2006年の多摩劇納会。


昭和の香り漂う、畳の個室で、ちゃぶ台を囲んで行われました。


多摩劇は、今年に入って、後から後から、人が漸増していて、何か前期の納会にはいなかった人がいっぱいいました。


それに比べ、4年間多摩キャンパスで暴れ続けた4年生の姿がめっきり減り、飲み会の雰囲気も様変わりといった感じです。


ただ、後藤さんと岡田さんは、ちゃんと来て、暴れていました。


そんな、4年生と飲む機会も、後、追いコンだけだと思うと、寂しくなりますね。


納会の後は、残ったメンバーで、萩原家でDVD鑑賞会。


まず始めに、「タンポポ シングルVクリップス①」で、男性陣が全盛期のタンポポでお腹いっぱいに、女性陣が完全に白けた後、映画「ブルースブラザーズ」を観ました。


僕は、この映画は初めて観たのですが、ドタバタ劇のやりすぎが、すごい面白い、良質なコメディでした。ドリフとかで、セットが壊れるドタバタもすげーなと思うんですが、米国産ともなると、シカゴの街で車を何台もぶっ壊したり、無意味に建物爆破したり、軍隊がいっぱい出て来たりと、圧倒的な規模の「やりすぎ」ですね(笑)


後、音楽がすごい良かったです。僕は、音楽は全然詳しくないんですが、ジェームス・ブラウンとか、レイ・チャールズとかって、ホントいいですね。かっちょいいです。


それにしても、みんなで家に集まって、映画観るのって、楽しくていいものですね。


(萩原)